集団ストーカー撲滅に向けて~日本を守りましょう
テクノロジー犯罪被害者です。一緒に戦いましょう!
<S学会とイルミナティ>
S学会の機関誌『聖教新聞』や『大白蓮華』などの記事にはローマクラブや国際連合等が度々登場するようです。

ローマクラブはイルミナティフリーメーソンの組織ですし、S学会インターナショナルSGIは、NGO(国連に登録された非政府組織)の一つになっています。







『大白蓮華』の1973年12月号にローマクラブ名誉会長 リカルド・ディエス=ホフライトネル博士インタビューが記載されていますので、S学会はこの頃からユダヤ・フリーメーソンの系列化に組み込まれたと推定出来ます。

イルミナティ、ユダヤ・フリーメーソンのアジア征服戦略の要は日本人の抹殺ですから、マインドコントロール下におかれたS学会員を使い集団ストーカーという卑劣な手口を使って日本国民に対して犯罪を犯しているのでしょう。



集団ストーカーと呼ばれている犯罪と、同じ事を昔から実行していると報告されている集団は、日本では唯一、S学会だけです。




ユダヤ・フリーメーソンは、日本の国体の抹殺処分のために、S学会を含む、多数の国体をコントロールし、動かしているという事実が以下の著書で指摘されています。




太田龍著「猶太(ユダヤ)国際秘密力」雷韻出版1999年7月初版からの抜粋♪

現在、ユダヤが日本の国体破壊のために動かしている主な団体としては、次の九つが挙げられよう。

(1)日本共産党(日共については説明不要であろう)。

(2)池田創価学会(これが最大、最強力な団体破壊をねらう組織である。しかも宮内庁の職員の三〇%が創価学会員である、とも伝えられる)。

(3)ユダヤ化されたキリスト教各派。

(4)エホバの証人(ものみの塔。これは、限りなくユダヤ教色濃厚であり、執拗な布教により、近年、日本全国に、じわじわと根を張っている。過少評価はできない)

(5)文鮮明の統一教会(これが、明白なユダヤ、フリーメーソンの日本破壊の道具となっているにもかかわらず、自民党の一部は、その浸透を許している)。

(6)日本社会党左派(マルクス、レーニン主義者グループ。このなかに、北朝鮮の金日成の手先となっている売国奴集団が含まれている)。

(7)ユダヤ(パリサイ派)教徒に改宗した日本人。および、自覚的な親ユダヤ派(日ユ同祖論もこのなかに含まれる)。

(8)フリーメーソンに入会して、フリーメーソンとユダヤ地下組織政府に絶対の忠誠を誓っている売国奴集団。

(9)大前研一の平成維新の会。この集団については、著者はすでに『「ユダヤの手先」「国賊」大前研一を斬る』(秦流社刊)を世に問うている。

 ユダヤ指導部は、これらの八つの団体を、それぞれの用途で使い分けているはずだ。

そしてこの他にも、多くの、より小さな団体、グループ、個々人をも使いこなしているであろう。

 しかし、それらのなかで、池田創価学会は、段違いに強力だ。

国政選挙における六百万票という数は、ハンパではない。この票は、優に、日本の国政を左右するに足りる。 我々は、池田創価学会を、それ単独で見てしまう愚を犯してはならない。少なくとも右に挙げた、日本の国体破壊のための八つの親ユダヤの組織を、総合的に判断し、認識する努力をしなければならない。

 ユダヤ指導部は、これらすべてを有機的に運用して、日本の国体の徹底的な解体と抹殺処分に向けて策略をめぐらしている、と見なければならない。 これらすべてを合算すると、その影響(操作)下に置かれている日本国民は、一千万人をはるかに超えるであろう。

これは容易ならぬ数だ。

我々は、この二、三年来の池田創価学会批判の研究、言論活動の結論として、二つのことを知りえた。 一つは、池田大作と、秋谷以下の、その共犯者たちの真の目的が、日本の国体破壊である、池田は日本の国体抹殺のためのユダヤ・フリーメーソンの道具である、という、まぎれもない事実である。 つまり池田はまぎれもない国賊である。

 二つは、ユダヤ、フリーメーソンは、日本の国体の抹殺処分のために、創価学会を含む、多数の国体をコントロールし、動かしている、という事実である。戸口浩著『池田創価学会の真実』(日進報道刊)には、創価学会本部には、「創価学会組織の維持派と発展解消・フリーメーソン化など、実にさまざまな思惑が渦巻いているのが現実だ」(一八二~三項)、と記されている。つまり、創価学会現職副会長らの内部告発によれば、学会本部には、学会の発展的解消とフリーメーソン化を主張する一派が存在する、というのだ。



S学会を悪魔教の配下に置き日本の破壊や分断化を目論んでいるのでしょうか。




昨年から続いている咳は未だ止まず、咳をする度に肋骨付近に激痛が走ります。この肋骨付近の痛み、咳のない時にもありますので、咳の症状に便乗しての加害だと思います。特に生徒のレッスン時や就寝時に酷くなります。

睡眠妨害も相変わらずで本当に疲れます。

どういう訳か、私の周りの被害者さんは睡眠妨害がない方がほとんどで、被害を共感出来ないようにされているのでしょうか。

あと、演奏中の被害なのですが、左薬指の関節が演奏中に折れ曲がり元に戻らないという症状と手首が折れそうな激痛が何度も起こります。
ピアニストとしてこれ以上ない程の不安と焦燥感にかられ練習所ではなくなります。



2年前にブログを閉じた時を思い出します。
どうあがこうと止むことのない被害、自暴自棄になり何をする気にもなれませんでした。

私達が受けている被害はそれ位に酷い拷問です。


一日も早い集団ストーカーテクノロジー犯罪の法規制の成立を望みます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/09(水) 02:08:33 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する