集団ストーカー撲滅に向けて~日本を守りましょう
テクノロジー犯罪被害者です。一緒に戦いましょう!
<世界初の感情認識パーソナルロボット>
ソフトバンクは今年の夏に世界初の感情認識パーソナルロボット、Pepper(ペッパー)の一般向け販売を予定しています。
Pepperは自分の判断で動くことのできるロボットだそうです。



引用♪http://www.j-cast.com/2015/02/22228506.html

ソフトバンクは2015年夏ごろに一般向けの発売を予定している、感情認識機能をもつ人間型ロボット「ペッパー」の利用プランを15年2月20日、発表した。本体価格の19万8000円(税別)とは別途、専用のクラウドに接続して高度な会話機能を利用するために必要な「基本プラン」は36か月契約で、月額1万4800円、故障などに対応する「保険パック」は9800円で提供する。毎月、あわせて2万6000円が「維持費」としてかかることになる。 ペッパーは、内蔵センサーを使って人の表情や声色などから感情を推測するロボットで、14年9月、法人向けに200台を先行発売。ソフトバンク直営の携帯電話の販売店や家電量販店などで稼働している。 一般向けには、当初は2月中の発売を計画していたが、「企業の要望が予想より多く、生産が間に合わない」(孫正義社長)ため、6~8月ごろに延期することを、2月10日の決算会見で発表していた。

また孫社長は「テレパシー通信」について以下のように語っています。

引用♪http://www.j-cast.com/2013/07/24180083.html

孫正義氏「将来はテレパシーで通信」ソフトバンクの孫正義社長は2013年7月23日、同社のセミナー「Softbank World 2013」で基調講演を行い、同社で2010年に策定した「新30年ビジョン」の内容などを元に、世界の未来像を語った。孫社長は、“「2018年にはコンピュータのトランジスタ数が人間の脳細胞の数を超える」 「人体間通信で自分の脳と(コンピュータ)チップを交信させ、自分が頭の中で思うだけで相手に通じる、まさにテレパシーの時代が本当にやってくるのではないか」と語るなど、コンピュータの進歩が世界に大きな変化を与えるだろう、との見方を披露した

線

私達テクノロジー犯罪被害者の中には、頭の中に声を聞かせるテレパシー送信被害を受けている方は沢山います。
自分が頭の中で思うだけで相手に通じるテレパシー通信技術はもう既に完成しており、私達被害者間では思考盗聴と言われています。

私の思考が加害者側に伝わっていることは常々感じることがあるのですが、逆に加害者側の思考が手にとるように解る時があるのです。自分で思う訳のない語彙が脳裏をよぎり、それを理解した時、加害者側の驚いている反応まで思い浮かぶのです。恐らく、故意に思考を送信された訳ではなく、つい私に思考を読まれてしまった…という感じなのです。

テレパシー通信をはじめ様々なコンピュータの進歩には私達テクノロジー犯罪被害者による人体実験が必要不可欠です。何も罪を犯していない沢山の日本人が被験者にされ最終的には自殺に追い込まれています。

私達集団ストーカー、テクノロジー犯罪被害者は日本の裏社会に潜む様々な利権の餌食にされているように思われてなりません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
コメント
コメント
Re: コメントの件
ネズキンさん、コメント届いて良かったです。
毎日暑いですが、お互い頑張りましょうね。
2015/06/10(水) 02:14:16 | URL | kimariris #Dcg/rVDs [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/12/29(火) 20:00:56 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する