集団ストーカー撲滅に向けて~日本を守りましょう
テクノロジー犯罪被害者です。一緒に戦いましょう!
<頭の中の言葉、解読に成功>
下記は、2016/01/04付 西日本新聞朝刊からの引用になります。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00010000-nishinp-sctchより引用♪

頭で思い浮かべた言葉の一部を脳波の変化から解読することに、九州工業大情報工学部(福岡県飯塚市)の山崎敏正教授(58)の研究グループが成功した。グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件の下、それぞれの言葉が発声時と無発声時でほぼ同じ波形を示すと突き止めた。五十音の一部でも識別に成功しており、今後全ての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になる。

 研究が進めば、障害で言葉を話せない人との意思疎通や、音が伝わらない宇宙空間や水中での通信手段への応用が期待できる。山崎教授は「動けと念じればロボットを操作できるSFのような応用も可能となる」としている。
.

 山崎教授が着目したのは、言語をつかさどる脳内領域「ブローカ野(や)」。前頭葉にあるブローカ野は発声直前に活動を始め、脳が発する信号「運動準備電位」が生じて、脳波に変化を及ぼすことが知られていた。
 山崎教授のグループは、十数人の男女学生を対象に「グー」「チョキ」「パー」の三つの言葉を実際に声に出した時と、頭で強く意識した際の脳波を比較。直前の約2秒間は同じ運動準備電位が起こり、同一の個人であれば、脳波が三つの言葉それぞれでほぼ同じ波形になると判明した。「春、夏、秋、冬」でも同様の結果だった。
 グループは五十音の分析にも着手し、春夏を構成する「は」「る」「な」「つ」は80~90%の精度で脳波から識別することに成功した。ただ、同じ言葉でも波形には個人差がある。今後は被験者を増やし、五十音などの普遍的な波形を探るという。母音が少ない日本語は、発音が複雑な英語より信号として解析しやすく、山崎教授は「日本がこの分野で世界をリードできる」とみている。
 脳波の研究に取り組む理化学研究所脳科学総合研究センター(埼玉県和光市)の脳信号処理研究チームリーダー、アンジェイ・チホッキ氏は「独自で創造的な研究成果であり、障害者などが必要としている技術だ。正確な実験を続けて実用化につなげてほしい」と話している。
.

■子音の識別 例を見ない

 堀潤一・新潟大工学部教授の話 脳の活動から言語や動作を予測する研究は欧米で生まれ、国内では約20年前に始まった。手足の上げ下げなど動作をイメージすることに伴う脳波の研究が主だったが、動作は複雑かつ多様で、分析するのは容易ではない。言葉については、母音の識別には成功したことがあるが、子音の入った単語の識別は聞いたことがなく、幅広い可能性を感じる研究だ。
=2016/01/04付 西日本新聞朝刊=



なぜ、公表されている科学技術はこんなにも遅れているのでしょう。

頭で思い浮かべた言葉の一部どころか、脳裏に浮かんだ全てのことを詳細に読み取られています。

現在の日本で公表されているものより遥かに高度な最先端科学技術が存在します。テクノロジー犯罪は他国からの指示で動く工作員活動の一環だという考えも否めません。

工作員の暗躍としては北朝鮮による拉致問題が明らかになっています。拉致発生から数十年という時が経過していながら、未だ解決に至りません。

私達に行われている集団ストーカー犯罪に非常に酷似しています。


集団ストーカーの典型的な嫌がらせ手法といえば「付き纏い」ですが、元S学会副理事長故 山崎正友氏もS学会による長年に渡る付き纏いを訴えておられました。



http://tombird.dtiblog.com/?i&no=24より引用♪

かつて創価学会の副理事長であり、顧問弁護士も勤めていた山崎正友氏は、「創価学会は、決してただの宗教団体ではない。政治の世界で、経済の世界で、その他あらゆる面に手をのばし、世界に類を見ない巨大で強力なコングロマリットなのだ。強大な権力と、ずばぬけた財力を持ち、また、東大、京大等の卒業者等で固めたエリートの官僚機構を持っている。その上、自前の情報機関を持ち、合法、非合法にわたって“特殊活動”を任務とする師団をかかえている。百名をこえる弁護団を擁し、その多くは小・中・高校生の頃から、「ハイル池田」を骨のずいまでたたき込まれ、英才教育を受けて法曹界に入ったメンバーである。彼らは、国法の秩序より、創価学会の利益を優先させる。裁判でも、偽証を行うことなど何とも思っていない。警察に圧力をかけ、検事や裁判官にも、たくみに根回しをする。時には、相手方の弁護士すら買収する。」と告発しています


以下は、故 山崎正友氏の奥様の手記になります。

http://www.beach.jp/circleboard/ad28005/comment/1100082005784より引用♪

 昨年十二月二十九日、夫・山崎正友が死去しました。振り返れば故人の人生は長い創価学会との闘いでした。

 平成八年二月に私と再婚してからも、その闘いは続いておりました。びっくりするのは、結婚生活十二年間、休むことなく創価学会関係者からの尾行が続いていたことです。

 そんな中でも夫・正友は野菜作りに喜びを感じ、スイカ・ジャガイモ・大根・夏野菜等の収穫を楽しんでおりました。園芸も大好きで、家の周りをいつも四季折々の花で埋め尽くしておりました。二年半ほど前から私は友人と二人で、自宅の一階を事務所として、小さな会社を立ち上げました。

 友人も夫・正友の優しい人柄に打ち解け、仕事の合間に畑作りを教わって、昼休みにはいつも楽しそうに畑に出かけておりました。ところが、そんな彼女が、ある日「びっくりよ。畑の中に、目立たないように大きな穴が掘ってあって、落ちて転んでしまったわ。それに穴の中には針金のような物が剌してあって、危うくケガするところだった」と、立腹して帰ってきました。

 また、別の日には、豆の葉やトマト畑一面にセメントが撒かれていたり、ペットフードが撒かれていることもありました。バケツに「死ね」と書いてあることもあり、嫌がらせは日に日にエスカレートしていました。友人は怒り、呆(あき)れ、嘆(なげ)きましたが、夫・正友は穏かに、怒りに震える友人を静かに慰(なぐさ)めていました。

 友人は日蓮正宗の信徒ではありませんが夫・正友の生きる姿勢に真の信仰者としての姿を見ていたようです。友人は「人を見ればその人の信じるものの真の姿が分かります」と言いました。

 そんな日々が続く中、去年は次第に体力も落ち、食事が摂(と)れなくなっていきましたが、それでも必死で生きる努力をし、闘いに力を尽くしておりました。好きだった野菜作りもやめ、園芸も少しずつ関わる時間を短くし、体力の続くかぎり、創価学会との闘いに全力を尽くしていたのです。

亡くなって知ったのですが、『慧妙』一月一日号に掲載されておりました手記「続・あの頃のこと」に、「私自身、いつまで生きられるか分かりません」と、自分の命が長くないことを自覚した文面が書きつづられておりました。夫・正次は創価学会の教えの誤りを正す活動を死ぬまで続けておりましたが、一度も怨念(おんねん)による個人攻撃はせず、ただ信仰者としての正しい姿勢、僧俗の正しいあり方を伝えることのみに智力を尽くしたと思います。

 亡くなる二日前、飼っている猫「幸四郎」の頭をなでながら、「お父さんはいろいろ大変だったけど、とても幸せだったよ」と語っていました。そして亡くなる当日、私と共に最後の勤行・唱題を務めた後、何の苦しみもなく、本当に気持ちの良さそうな表情のまま、静かに息を引き取ったのです。

 最後まで自分の意志を貫き、また頑張り続けた夫・正友の生き方に、私は称賛の言葉をかけてあげたいと思います。




山崎氏はS学会によるテクノロジー犯罪によって殺されたのでは、と思ってしまうのは私だけでしょうか。S学会による山崎氏への陰湿な嫌がらせは、私達集団ストーカー被害者に行われているものと非常に酷似しています。

脱会後、S学会からの尾行が休むことなく継続されていたそうですが、元公明党委員長矢野純也氏や亡くなられたタレントの清水由貴子さんもS学会による執拗な付き纏いを証言されておりました。


付き纏い、尾行というのはS学会の常習なのでしょうか。


山崎正友氏も生前、S学会による畑への嫌がらせを受けていたようですが、畑や家庭菜園を荒らす等の嫌がらせも常習のようです。父は趣味で家庭菜園をしていますが、度々畑を荒らされ野菜の盗難が後を絶ちません。

そういうことを良心が痛むことなく行えるのがS学会なんですね。


集団ストーカーと呼ばれている犯罪と、同じ事を昔から実行していると報告されている集団は、日本では唯一、S学会だけです。


  
線


最近は、しゃがんだり座ったりした時に極度の疑似筋肉痛状態を起こされます。

咳もそうですが、加害により風邪をひいた時の状態にされますので、加害によるものなのか否か正しく判別できません。睡眠妨害も相変わらずで、早く就寝しようとベッドに入るも、何かしら邪魔されます。そのまま明け方まで眠れない日も多々あります。翌日にリハーサルや生徒のレッスンが一日入っていたりすると、本当にキツイです。

無駄に時間を浪費させることも被害の一環なのかもしれませんが、被害がなければやりたいこと、しなければならないことは山ほどあるのです。ハイテクに関わらず、人間関係の阻害や破壊などもあり疲れます。

ターゲットを集団で追い詰め、精神病患者や犯罪者に仕立て上げる事によって、利権に群がる人達は潤います。

人体実験のみならず、一部の外国人による背乗りやなりすましで、日本人の戸籍や土地、財産を奪うのも目的なのでしょう。




にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
<S学会と脳科学>
明けましておめでとうございます。
集団ストーカー、テクノロジー犯罪撲滅に向け、少しでも進展のある年になりますようお祈り申し上げます。


この犯罪解決の糸口をどうにか掴もうと、テクノロジー犯罪と深く関与しているだろうと思われる脳科学の本を色々と調べたりしています。

しかしその多くの書籍の著者や翻訳者、また監修者はS学会の息のかかった人物となっているのです。

なぜだと思われますか。




「マインド・ウォーズ 操作される脳」

51lJdWRlxAL__SX354_BO1,204,203,200_
こちらの書籍、S価系出版社として有名な潮出版社です。また訳書、監修者ともS学会と非常に親しい間柄のようです。脳科学に詳しい訳書、監修者なのでしょうか。



「脳科学からみた祈り」

無題
こちらの著書の中では「日蓮」の事に関して言及していますので恐らくS学会と関わりのある女性科学者ではないでしょうか。




聖教新聞では、表彰されいる医者や科学者が年がら年中紹介されているようです。




近年、注目されている脳科学の研究対象といえばブレインマシンインタフェース(BMI)です。
もう既に一部の医療分野やゲーム業界で実用化されているようですが、最先端技術BMIの悪用に関する記事もネット上に氾濫しています。



http://c.2ch.net/test/22.K6S12/northa/1159738616/256-a

http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=4452&forum=8




日経サイエンスより引用♪

人間の脳とコンピューターを一体化させ,必要に応じて記憶や外部情報を出し入れできる時代がやって来る!? ──ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の研究はSF小説の世界に現実味が与えるまでに進んできた。やがては,脳を手軽に書き換えられる記憶装置に変え,膨大な情報を自在に扱える時代がくるかもしれない。

BMIには,脳へ情報を入力するものと,脳から情報を出力するものの2通りがある。近年,飛躍的に進歩したのは「出力型」の研究だ。サルを使った実験では,脳に電極を埋め込み,運動を指令するニューロンの信号を送ることで,ロボットアームを動かすことができる。将来は,脳卒中や筋萎縮性側索硬化症の患者が,麻痺した手足と同じように人工装具を使うことが可能になると思われる。

一方,脳にプラグを差し込んで外部情報を注入するというシーンは,サイバーパンクSFではおなじみだが,こちらは「入力型」のBMI。音や視覚を使わず,単語や文を直接脳にインプットする。この入力型を実現するには2つの高いのハードルがある。

1つは,言語のような表現を脳がコード(符号化)している仕組みがわからないことだ。こうした表現にはおそらく脳の広い範囲で多数のニューロンがかかわっているため,一部のニューロンの活動に着目しただけでは神経コードは解明できない。最近では,発火ニューロンを集団として見た場合の時間的・空間的な変化に着目した研究が行われている。
もうひとつのハードルは,脳に人工デバイスを埋め込むハードの開発だ。脳に“プラグを接続”して,外部情報を送り込むには,記憶を担う脳の海馬を正確に刺激する必要があるが,現時点ではそうした技術は開発されていない。



テクノロジー犯罪で使用されているBMI技術はまだ公開されていません。

現在公表されているBMI技術では、「脳波などを測定することで、その人の思考を大雑把に読み取ることができる」とされていますが、実際には非常に精密な思考盗聴技術が既に完成しているのではと感じています。

また、テレパシー通信をはじめ、他人の脳とオペレーターの脳を直結し、人間の精確、精密な遠隔操作が可能です。

公には腕や足を動かすといった単純な動作技術しか公表されていませんが、実際にはもっと精密な遠隔操作が可能です。私は演奏の際の指への微妙な操作により何度もミスをさせられますので…

一部の医療分野やゲーム業界で既に実用化されているということは、娯楽産業をはじめ、様々な事業で悪用されている可能性も十分にあり得るということです。




下記は、現代科学より引用「BMI倫理4原則」の提案です。 

①戦争や犯罪にBMIを利用してはならない
②何人も本人の意思に反してBMI技術で心を読まれてはいけない
③何人も本人の意思に反してBMI技術で心を制御されてはいけない
④BMI 技術は、その効用が危険とコストを上回り、それを使用者が確認するときのみ利用されるべきである


私達被害者はBMI技術で24時間365日思考盗聴されています。

そして、BMI技術で心の制御、マインドコントロールされています。標的とされたターゲットはそれがマインドコントロールによるものなのか自発的なものか正しく判別できませんし、防御する術もありません。

マインドコントロールにより自殺に追い込まれた被害者さんも存在します。

しかし、マスコミやメディアではBMIの危険性、科学技術でさえ公表されません。脳への介入により精神や肉体にまでも影響を及ぼすこの犯罪は、決して許されるものではありません。とにかく一日も早くこの事実に社会が気付くべきです。



線


12月は咳が酷く一度も街宣に出ることが出来ませんでした。

リハーサルスタジオではスタジオ内に警報器が鳴り響き、後から係員が白々しく誤動作だったと伝えにきました。自宅では防音室でピアノを弾いているだけで何度となく通報されます。
被害者のコミュニティには常に工作員が潜伏すると言われていますが・・・

悪魔の手先となって同意なしの違法人体実験を行い、日本と日本人滅亡を目論んでいるのでしょう。







にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村