集団ストーカー撲滅に向けて~日本を守りましょう
テクノロジー犯罪被害者です。一緒に戦いましょう!
「ウソも百辺言えば真実になる」
創価の正体「ウソも百辺言えば真実になる」


●驚くことに中国を親、朝鮮半島を兄として崇拝させている集団である。

●在日南北朝鮮人、在日中国人、暴力団、同和関係者と深い係わりを持つ団体である。
戦後の混乱期以後、「ヤクザで同和で在日で創価」などという言葉も使われていたという。
オウム真理教事件の際にも深い繋がりが指摘されたが、いまだ解明には至っていない。

●関連団体と外郭企業。
民主音楽協会(民音)・東京富士美術館・創価大学・創価学園・他 。
日本図書輸送・日栄・日光警備保障・創造社・栄光建設・シナノ企画・潮出版社・第三文明社 他。   

●「ウソも百辺言えば真実になる」等の尋常ではない教えを信じこみ、実践している団体である。(ナチスドイツで洗脳の達人と言われた宣伝相ゲッペルスが、全く同様の言葉を残している)他にも「証拠さえ取られなければ何をしてもよい」、「大勢で口裏を合わせれば事実も変えられる」などという考えを持ち実際に行動している。

●根拠の無い「選ばれた者」意識を持っている集団である。

●学会員を、政治・司法・警察・自衛隊・宮内庁・公務員・マスコミ・大手企業・自治体・など、あらゆる分野に密かに浸透させてゆき、最終的には日本を支配するという計画を「総体革命」と呼び実行している。だが独裁者池田氏を祭り上げた後の政治的な施策は皆無に等しい。しかし笑い事ではなく、この計画は着実に進んでいると思われる。

●大学生に対しては「法学委員会」を設置し、司法試験や公認会計士試験、国家公務員試験、税理士試験などの受験に力を入れている。
それから「国家試験研究室」を設けて法曹界や官界、マスコミ界にも重点的に学会員を送り込んでいる。

●あらゆる新聞社に対しては、聖教新聞等の印刷を依頼したり広告を掲載することで、金銭により実質的に支配している。警察幹部に対しては、頻繁に料亭等で接待を行い、政治家には、選挙で票をまわす等のやり口で着々と実行され続けている。

●書籍によっては現在警察官の約3割が学会支持者であるという記載もある。
外務省への浸透も深刻であり、省内には創価学会員の会「大鳳会」(おおとりかい)もある。更には宮内庁等への浸透も懸念されている。風岡典之前宮内庁長官は創価学会員であると言われている。

●2007年現在、創価大学卒業生の教員採用試験合格者が累計で5000人を超えたという、非常に憂慮すべき情報がある。

●全国各地に「創価平和会館」「創価文化会館」「研修道場」などの集会施設があり、集団で宿泊可能な施設も数多く所持している。これらの中には豪奢な池田氏の専用部屋が設置されている所もある。

●通信衛星の専用回線を所有している。
(1990年中頃より。各会館にはサテライトグループという担当者がいる。)

●特に民衆の下層世帯の人々を集めて形成されてきた集団である。
(貧・病・争・に悩む人々に対し折伏をしてきた結果)

●創価学会の特徴的な行為。
批判者に対する罵詈雑言や誹謗中傷。つるし上げ。人や車両による恒常的な監視尾行。
人権侵害を伴う違法行為や不法行為。脅迫。無言電話。脅しの手紙。言論出版妨害など。

http://www.geocities.jp/boxara/soka.htmlより抜粋転載



米韓首脳晩餐会で元慰安婦出席、韓国側が独島と呼ぶ竹島(島根県)の近海でとれた海老を提供していましたが、驚きましたね。
創価学会も竹島を韓国の領土だと主張してますが、「ウソも百辺言えば真実になる」は創価の教えです。

最近は、中国による尖閣諸島周辺での一方的な海洋進出と挑発も止まらないようですね。
中国外務省から流出したという「2050年の国家戦略」という地図が、ネット上で話題になっているようです。






「創価が警視庁という組織に対して物凄い力を行使出来る理由」


警察がこの犯罪に関し協力的でなく、まるで創価を庇うかのような態度さえとる現実を目の当たりにされた方は多いかと思います。
私も過去に何度か神奈川県警を訪問しましたが、集団ストーカーテクノロジー犯罪解決の糸口は見つからなかったように思います。
あと、youtubeで「創価と警視庁の癒着」という動画をいくつか見つけましたが既に削除されていました。他にも創価関連動画は多々削除されていますね。

創価学会が警視庁という組織に対して物凄い力を行使出来る理由が「乱脈経理」矢野絢也著に記載されています。




51kImFHl_EL__SX333_BO1,204,203,200_

なぜ、創価学会は、国家権力である警察力を支配下に置くことができるのでしょうか?
警視庁の所轄は東京都にあります。
警視庁の予算は、都議会の承認を得なければならないので、警視庁はどうしても都議会議員、それも与党の都議会議員には配慮しなければならなりません。
つまり、警察が公明党の言うことを聞かねばならないのであり、創価学会の要求が警察に通ってしまうのです。
更に公明党は都議会の警視庁対策の窓口である「警察消防委員会」に幹部を送り込んできました。
警察予算の可否の権限をこの委員会が持っています。
しかも警視庁の定員は「警視庁の設置に関する条例」に基づく「定員に関する規則」によって定められており、増員するには都議会の決定を得なければならなりません。

つまり警視庁の「金」も「人」も都議会に握られているのです。

都議会で公明党が第2勢力として主導権を握っているので、池田大作名誉会長を守るために、さまざまな事件をもみ消すことができるのです。

おそるべし、創価学会による日本支配計画。

参考図書
「乱脈経理」矢野絢也著

https://ameblo.jp/hirohirobbb2000/entry-12321734747.htmlより転載









被害者は益々増加の傾向にあります。
被害認識されたばかりの方は大変なパニック状態かと思います。




先日、知り合いのお医者様が被害の実態を放送するため東京から街歩きをライブ放送したのですが、あからさまなカルト出没に唖然としました。

その方は、私が被害認識した当初、初めて知り合った被害者さんで、未だに創価工作員による付き纏い、仄めかし等が継続しているそうです。


ライブ放送される位ですから、その加害工作は日常化し、尋常ではない程に執拗なものと伺えます。





私も被害認識当初は創価工作員による付き纏いが頻繁で、ヘリやパトカーが現れる度に震えが止まらなかったのを良く覚えています。





無実の一般人に悪行を繰り返す創価にはそのうち天罰が下るでしょう。





ハイテクが酷い方も辛いですよね。
私もその一人なので辛さがとても良く解ります。



睡眠妨害はいつからか慢性化してしまいました…
特に翌日に予定が入っている場合などは、ほぼ確実に妨害されますね。





私の場合、人工夢は毎日で睡眠中も脳を酷使しているので起床後はぐったり、毎回疲れ果てています。

夢の中では第三者の会話を私の口で永遠としゃべらされたりもしますので普通の夢ではないことは明らかです。





人工夢の中でピアノを弾かされたり作曲させられることも多々あります。
夢で作曲した楽曲は、もしかしたらどこかで売られているのかもしれません。

外国人による背乗りやなりすましで、日本人の戸籍や土地、財産を奪うなどの他にも、
利益性の付加価値を付けられ、様々な事業にも利用されている感じがします。




ピアニストとしての被害も指の操作、痛み送信など相変わらず多岐にわたり
行われています。






私はピアノ講師もしているのですが、職場での人間関係の阻害、嫌がらせ等もあり
その加害方法は卑劣そのものです。


先月は門下生発表会を開催しましたが、予測通り色々とありました。
(詳細は次回の記事で・・・)



生徒さんの中にも・・・という方はいますが、スルーして耐えることしか出来ません。








前述のお医者様が「被害者になってから人の嫌がる仕事も率先してするようにして周囲に出来るだけ良い印象を与えるようにしている」と仰っていたのを思い出します。


加害者側は被害者の世間的評判を落とし社会的抹殺をも目的としています。








思考介入、操作も頻繁で、他にもここには書ききれない程の被害を受けていますが、
最近は、無駄に抵抗しないようにしてから、いくらか楽になった気がします。



抵抗しても地団駄踏んでも、どうせ解放されないのなら、
やりたければやれば…と開き直った方が気持ち的には楽です。












Twitterで得た情報ですが、世界遺産にも登録されている栃木県の白川郷辺りだと被害が割と軽減されるそうです。
九州の海沿い、創価学会総本部のある東京は、やはり日本一最悪だそうです。

被害で少し滅入っていて「海外に逃亡したい」と呟いた時に頂いたアドバイスです。


・・・残念ながら海外逃亡しても、ほとんどの被害者さんの状況は変化ないようですね。



日々被害を受けて感じたこと、その時の思いをたまに呟いています。

kimariris Twitter






このブログを閉じることもありませんし、何等かによって閉鎖された時
それは私が殺された時です


私は自殺はしません







にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

Twitterのプロフィール写真変更出来ません。
何方か確認頂けますか?kimariris Twitter
創価学会も共謀罪の対象になる
東京都議選は都民ファーストの圧勝に終わりました。これは都議会公明党が都民ファーストと選挙協力したことも大きかったと思います。

 安倍政権や自民党は、公明党に対して強い不満を抱いているはずです。今後、安倍政権は報復として、公明党に様々な方法で圧力をかけていく可能性があります。その際には、先ごろ成立した共謀罪も利用されるかもしれません。

 ここでは、弊誌7月号に掲載した、創価学会に詳しいジャーナリストの乙骨正生氏のインタビューを紹介したいと思います。全文は7月号をご覧ください。




月刊日本 2017年 07 月号 [雑誌]
posted with ヨメレバ
ケイアンドケイプレス
2017-06-22





創価学会が権力にすり寄る理由

―― 創価学会は戦前に治安維持法で弾圧された経験があるにもかかわらず、共謀罪に反対していません。その理由はどこにあると考えられますか。

乙骨 ご指摘のように、創価学会の前身である創価教育学会は、治安維持法と不敬罪違反容疑によって幹部21人が検挙されています。初代会長の牧口常三郎や、後の二代会長である戸田城聖も逮捕され、牧口は獄中死しています。

 こうした歴史的経緯から、池田大作名誉会長は治安維持法を「稀代の悪法」と批判し、創価学会の平和主義の原点は戦前の軍国主義との闘争にあると強調。これを創価学会は、自らの社会的レゾンデートル(存在理由)、宗教的正当性の根拠のひとつと位置づけてきました。

 しかし、いまや創価学会のレゾンデートルは崩壊しつつあります。というのも彼らは特定秘密保護法や安保法制、共謀罪に賛成し、憲法についても「加憲」が必要だと言い出していますが、それらの言動はこれまでの政治的主張と矛盾・背馳するからです。

 創価学会変節の最大の要因は、創価学会の不正行為に起因します。創価学会は平成2年から4年にかけて、国税庁の税務調査を受けましたが、税務調査に仰天した創価学会は、大物議員の力を借り、国税庁長官や幹部らに水面下で交渉・工作して税務調査を妨害。今後の税務調査を免れるために自公連立政権に舵を切ったのです。

 宗教法人は税制上の優遇措置を受けています。税制上の特権を受けているにもかかわらず税務調査を妨害するなど悪質としかいいようがありません。

 創価学会はその他にも、言論出版妨害事件や盗聴事件、名誉棄損事件など、数々の違法行為・不法行為を繰り返してきた事実があります。これらは宗教法人の適格性にかかわる問題です。

 宗教法人法では、宗教法人が違法行為を犯し公共の福祉を害した場合は、裁判所が解散を命令できると規定しています。それゆえオウム真理教は解散させられたのですが、税務調査を妨害する教団に宗教法人としての適格性があるとはとうてい思えません。

 創価学会が自公連立を選択し、従来の政治的主張を放擲してまで安倍政権に擦り寄るのは組織防衛のためです。彼らは組織防衛のために、時の政治権力の下僕となる腹を決めたのでしょう。

 実際、集団的自衛権の行使容認について公明党が難色を示していた時、内閣官房参与の飯島勲氏が公明党と創価学会の関係について、憲法の政教分離原則に反しないとしてきた従来の政府見解を見直す可能性に言及したところ、公明党はあっという間に態度を変え、安倍政権の方針に従いました。ここからも、彼らが保身しか考えていないことは明らかです。

創価学会も共謀罪の対象になる

―― 共謀罪をめぐっては警察による盗聴の拡大が懸念されています。創価学会も共謀罪の対象とされ、盗聴の対象になる可能性もあるのではないですか。

乙骨 もちろんです。先ほど述べたように、創価学会は過去に様々な違法行為や不法行為を繰り返しており、憲法上の政教分離問題もあるのですから、創価学会が共謀罪の対象になることは十分考えられます。

 戦前の治安維持法も最初は共産主義者を対象としていましたが、その後、大本教や創価教育学会など宗教団体まで適用範囲が広がっていきました。彼らはこうした歴史の教訓に意図的に目をつぶっているのでしょう。……

http://blogos.com/article/232378/より引用


いざという時の為に、被害を記録されることをオススメします



ここには書ききれない程の被害を日々受けているので
私は被害記録をファイルにまとめています


電磁波によるビリビリや耳鳴り、その他色々、、、
ハイテク、ローテク、毎日あります
辛いですよね

演奏の際の指への痛み、操作もあります
本番も何もなく終えたことは一度もないですね

私の場合はそれ+睡眠妨害が常にあり酷いので…





このブログを閉じることもありませんし、何等かによって閉鎖された時
それは私が殺された時です

私は自殺はしません


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

酷い睡眠妨害
前回記事をアップしてから酷い睡眠妨害にあっています
確信犯ですね

このブログを閉じることもありませんし、何等かによって閉鎖された時
それは私が殺された時です

私は自殺はしません

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

創価マフィア
以下、http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150807/1438934889からの転載になります。


創価マフィアとは、なにか?



① 国家公務員上級試験に合格した人たちは、大半が大蔵や通産を志望します。警察庁を選ぶのは、変わり者か、創価本部の連絡局の指示を受けた創価信者のどちらかです。結果、警察庁のキャリア組は、創価で溢れかえりました。彼らの奉仕の対象は、国民ではなく、池田大作です。

司法試験に合格した人の大半は実利のある弁護士の道を選びます。検事や判事を選ぶのは、変わり者か創価信者のどちらかです。結果、東京地検を始めとする検察官と東京地裁を始めとする裁判官は、創価で溢れかえりました。彼らの準拠するのは、法律ではなく、池田大作のご意向です。司法行政が、一宗教団体の意向で捻じ曲げられています。国家が法律ではなく、カルトの爺さんの意向で治められています。民主主義が瀕死の重傷を負っています。国家の危機です。
 
② 警察の公安部や公安調査庁にも、創価が中枢に入り込んでいます。60年安保闘争当時、共産党と対峙していた創価信者の学生を選択的に公安に配置した経緯があるんです。日本のFBIともいえる組織が収集した極秘情報は、過去は自民党の有力議員に提供され、政争に利用されていました。今は、池田大作と創価に必要な情報を収集することが、彼らの仕事です。自民党議員は醜聞を握られ、手も足も出ません。創価と公明の言いなりです。

③ 創価から貰う下請け仕事欲しさに、そして創価怖さに、マスコミ各社は創価信者を社員として受け入れました。結果、どこのマスコミにも創価の社内シンジケートが出来上がってしまいました。まわりは、創価のスパイだらけ。創価がらみの事件は一切報道できなくなってしまいました。

④ 警察、公安、司法、マスコミを意のままに操ることが出来るようになったので、創価はどんな犯罪でも平気で手を出せるようになりました。そして、創価はオウム事件の真相隠蔽に成功したのです。

⑤ 始めは、創価の敵対者を潰す目的で活動していた秘密組織ですが、後に仲間の暴力団に秘密組織を利用されるようになってしまいました。ただのつまらないヤクザの金儲けの手助けをさせられています。国民を守るのが仕事であるはずの警察官、検事、判事が、人殺しのお手伝いをしています。

⑥ 創価マフィアは、国税庁にもネットワークを作っています。外部の公認会計士や税理士とつるんで、創価学会系企業の脱税を助けています。

⑦ しかし、もっと恐ろしいことを忘れてはなりません。創価マフィアを操る暴力団を、さらに操る者がいるのです。誰でしょうか?北の方の半島国家の封建君主がその人です。創価マフィアは、知らず知らずのうちに、北朝鮮の対日工作の手先として、利用されるだけ利用されているのです。そして、悪事を働いては、分け前を貰うことで、いつのまにか北の組織にしっかりと組み込まれてしまっているのです。本人たちには、自覚はないかもしれないけれど。そして、もうひとつ、創価の内部でも朝鮮半島人が実権を掌握してしまいました。幹部の三分の二が半島人です。彼らは、池田大作のために奉仕する顔をして、実はピョンヤンを向いているのです。ようするに、北朝鮮の工作員に創価学会は占拠されてしまっている。実際のところ、池田自身のいう総体革命も、北朝鮮のめざす主体思想に基づく世界制覇も、中身は大して変わりはしない。どちらも、馬鹿げた妄想だけれど、キチガイ同士、利害が一致したとしたら、恐ろしいことです。北朝鮮の工作員が一気に750万人に増えてしまいます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村